PROFILE プロフィール

平成元年 鹿児島県奄美大島生まれ。奄美民謡「シマ唄」をルーツに持つシンガー。

2006年鹿児島市内でシマ唄のパフォーマンス中にその歌唱力を見出され、2009年1月に「夜空ノムコウ」を手がけた川村結花作詞作曲のシングル「アイツムギ」でデビュー。

代表曲は、NHKみんなのうた「あさなゆうな」、「夢待列車」をはじめ、NHKドラマ『八日目の蝉』の主題歌「童神~私の宝物~」、NHKBSプレミアム時代劇『薄桜記』の主題歌「Silence」、一青窈作詞、武部聡志作曲・プロデュースのシングル「兆し」など。

ライブではワンマンライブ「ウタアシビ」の公演の他、さまざまな音楽フェスティバルへ出演。

2013年10月から半年間、BSジャパン「徳光和夫の名曲にっぽん~昭和歌謡人~」にて、徳光和夫氏と共にキャリア初となるMCを担当。2014年1月からはレインボータウンFMにて「EMOTIONAL BEAT 城 南海のMUSIC AIRPORT」をスタートさせるなど、音楽を中心に意欲的な活動を行っている。

2013年11月、韓国歴史ドラマの名匠イ・ビョンフン監督のドラマ『トンイ』の挿入歌「チョネジア」を唯一、楽曲作家のイム・セヒョン氏に日本語でカバーする事の許諾を受け、松井五郎による日本語詞でシングルリリース。有線ランキング最高位3位を記録し、さらに初のランクインから2ヶ月以上にわたり有線ランキング上位をキープ。

2014年12月~2015年3月のNHK WORLD TV 「J-MELO」のエンディングテーマに自身作詞・作曲の「祈りうた ~トウトガナシ~」が起用された。

また、テレビ東京「THE カラオケ★バトル」に2014年7月に初出演以来、毎回高得点をたたき出し、その平均点は98点を越える。現在、番組初となる8冠を達成。オンエアの回数が重なるにつれ、カバーアルバムを望む声が多く集まり、2015年1月21日に、初となるカバーアルバム「サクラナガシ」をリリース。その後、2015年6月17日に、カバーアルバム第二弾「ミナミカゼ」をリリース。

2015年11月4日にオリジナル3rdアルバム「尊々加那志~トウトガナシ~」のリリースが決定している。